白菜キムチを漬ける量がどんどん増えていった経緯

白菜キムチを漬けるようになって6年ほど経ちます。韓国語に興味を持ち、その学習の延長線上で韓国の食文化として自然に関心が高まり、インターネットの記事を参考に漬けて見て食べた時、辛いだけではなく醗酵した奥深い辛味があり自画自賛する出来栄えだったのでその時からすっかりキムチ漬けの虜になりました。元々辛いものが苦手だったのですが、 どんどん漬ける量が増えたの白菜キムチ愛好者が近所に多くいておすそ分けの分も漬けるようになったからです。 毎年漬ける時期の気候が微妙に違い一定でない事が解り、漬け込む日程も寒い日が安定して続く頃でないと発酵が進み過ぎて酸っぱくなります。 また最初の漬けが辛すぎても甘すぎてもいけません。今日の塩漬けで明日の朝、水が上って、白菜が水を被れば程よい塩加減です。大きなプラスチックの桶は、今徐々に重石が沈み始めていて明日の朝が気掛かりですが楽しみです。桶の蓋がまだ重石で浮いていますがきっちり収まるのは私が眠りにつく頃です。ロスミンローヤル 販売店

減数ダウンや二価染色カラダなどについて勉強した

探究をしました。体細胞分散と同じく機会期に染色体を写した後々、2回反復の分散(第最初分散・第二分散)によって、染色体数値が半減した4個のお子さん細胞を生じます。生物では卵や精子が、種子植物では花粉四分子や胚のう細胞が減数分散によってできます。第最初分散では、相同染色体の離別が起こります。第最初分散の前期に染色体が濃密を設けるとともに、相同染色体どうしが粘着し、束のようになります。こういう症状を対合といいます。また、相同染色体が対合したときのものを二価染色体といいます。二価染色体は中期に赤道件に並びます。後期には相同染色体が紡錘糸に引かれて分離しました。終期には細胞出来分散が起こり、2個の細胞となります。また、染色体数値は半減してnとなります。引き続き、第二分散に移ります。2つの細胞の染色体は中期に赤道件に並びます。このようなことを覚えましたが、知らないことがあったので知れて良かったなと思いましたし、勉強になりました。http://www.abateofutah.org/