オホーツク海気団や低気圧などについて演習

気団などについて研究しました。オホーツク海気団の発車本元ロケーションは、オホーツク海と千島沖だ。国内近所に出現する時世は、梅雨期と秋だ。対応する高気圧は、オホーツク海高気圧だ。小笠原気団の発車本元ロケーションは、北太平洋センター緯度だ。国内近所に出現する時世は、主に夏場だ。対応する高気圧は北太平洋高気圧だ。温帯低気圧は、低気圧の中心の東側に温暖前線、西側に寒冷前線をともなって、国内近所では偏西風によって西から東へすすむものが多いです。温暖前線では、温暖な流れが寒気な流れを押しのける形で寒気の斜面を吹きのぼり、割に幅広い気流のアップ境地が形づくられ、乱層雲が発達します。温暖前線の表は、レンジ約300km度合いにわたる大きい豪雨境地となります。寒冷前線では、寒気な流れが温暖な流れを押しのける形で下にもぐり込み、その先の細い部門に気流のアップ境地が形づくられ、積雲・積乱雲が発達します。このようなことを覚えましたが、知らないことも知れて良かったです。http://www.kukoo.co/