減数ダウンや二価染色カラダなどについて勉強した

探究をしました。体細胞分散と同じく機会期に染色体を写した後々、2回反復の分散(第最初分散・第二分散)によって、染色体数値が半減した4個のお子さん細胞を生じます。生物では卵や精子が、種子植物では花粉四分子や胚のう細胞が減数分散によってできます。第最初分散では、相同染色体の離別が起こります。第最初分散の前期に染色体が濃密を設けるとともに、相同染色体どうしが粘着し、束のようになります。こういう症状を対合といいます。また、相同染色体が対合したときのものを二価染色体といいます。二価染色体は中期に赤道件に並びます。後期には相同染色体が紡錘糸に引かれて分離しました。終期には細胞出来分散が起こり、2個の細胞となります。また、染色体数値は半減してnとなります。引き続き、第二分散に移ります。2つの細胞の染色体は中期に赤道件に並びます。このようなことを覚えましたが、知らないことがあったので知れて良かったなと思いましたし、勉強になりました。http://www.abateofutah.org/